千石らすかる。、を勝手に応援するサイト

2020年にポコチャ・ライバー「らすかる」さんを応援する記事を入れました。もともとはアプリ解説サイトです。

【千石らすかる】被災地の生配信と原爆について考えた ~Pococha 人気のライバー~

f:id:masa19569810303:20200216051936j:plain



 

新しいことをやりたがりの「らすかる」さん

昨日の昼配信は、宮城の海側からの被災現場からでした。復興状況を伝えたいという「らすかる」さんでした。

その昼配信をスクショで少し振り返ってみました。

 

f:id:masa19569810303:20200215033449p:plain

かつての堤防や道路は津波で破壊され、その代わりに、後方に大きな防潮堤が作られました。 「らすかる」さんちも、家も、通った学校も、道路も、思い出の物も、無くなったそうです。(命の次に何が大事か?考えられたそうです。)

 

 

f:id:masa19569810303:20200215033616p:plain

ここに、ある会社の建物があったそうです。地震後この場所に留まることを選択したために、多くの人が津波で亡くなったそうです。津波の災害に対しては、人から何と言われても、自分で海から逃げることが大事という教訓ですが、すごく説得力がありますね。

 

 

f:id:masa19569810303:20200215033732p:plain

がれきは取り除かれたはずですが、車のタイヤがひとつ残っています。被災した車のものか、ゴミなのかはわかりませんが、災害に対しては、人間は全く無力なのです。 

 


さて、「らすかる」さんの夜配信の内容になりますが、このような震災の話もありましたが、丁度、「らすかる」さんは、「この世界の片隅のに」のアニメ映画を見始めたそうです。

 

戦争(原爆)に対しても、リアルな想像ができなかったけど、このアニメを見て考えさせられたことがあったそうです。

 

戦争(原爆)はまだ75年前の起きた最近のことで、本当は怖いはずの戦争に、ニコニコしながら若者が行く話。広島の原爆の話も風化させないように、話していかないと思ったそうです。

  

 

www.youtube.com

 

「らすかる」さんは、たまに、このような真面目な話もします。いっしょに考えてみませんか?

 

 

※注意:この記事は個人的にこのライバーさんを応援する目的で書いている。無断転記は禁止します。

 

www.pococha.com