千石らすかる。、を勝手に応援するサイト

2020年にポコチャ・ライバー「らすかる」さんを応援する記事を入れました。もともとはアプリ解説サイトです。

【千石らすかる】配信、特別編:らすかるのミキサー使えるの? ~Pococha 人気のライバー~

f:id:masa19569810303:20200829104706j:plain

前書き

 ・昨日から、ミキサーAG03を使用した配信を始めた。ただし、機能がすべて活用できていない。そして、9/4日の序盤はミキサーの調整配信となった。そこで、今日のブログでは、そのミキサーの接続法と使用方法を、動画で確認し合う内容にした。何とライバーさん想いの企画だろう、笑。

配信のオープニング(9月4日

■昨日から、新しいミキサーを使用しているが、使いたかった機能をオープニングで確認して見るという、前代未聞(オーバー)な事が起きた。

※筆者が、また配信進行を止める事をやらかしたと思ったが、再度、内容を確認したら 、こ〇らさんのコメントで、ミキサーの接続の話に脱線するのであった、笑。

※そのミキサーの接続法と使用方法を動画で確認は以下に続く。

 

【千石らすかる】配信レビュー(9月3日:おやチケ、9月4日:通常配信)

※9/4日はミキサーの調整配信となった。カラオケ用端末と、BGMよう端末の2つをミキサーに接続したい希望があったができなかった。使えるはずなので、下記、特別企画を見て欲しい。

※なお。ボーダーはプラ1だった。コアファンも累計87人迄になる。

「らすかる」配信分析(特別編):らすかるのミキサー使えるの?

 ■ミキサAG03の全般的な使用方法

www.youtube.com

【解説】ライブ配信用に使用するミキサAG03の全般的な説明。ライトニングケーブル・アダプタなどの詳しい説明がある

 

 ■実際のライバーさんが解説するミキサAG03の繋ぎ方

www.youtube.com

【解説】AG03の使用例として、AUXにBGM、キーボードLINE入力にサンプラー(疑似音発生器)接続している。このキーボードLINE入力部にカラオケ用端末かBGM機器が接続できるかが課題であった。出来そうだ。

※さて、これでやりたかった事が出来たかどうかは、次回か、その次の歌枠配信で確認することにしよう、笑。

 

「らすかる」配信で歌った楽曲 

No. 曲目     ~昼配信~ アーティスト
1 炎と森のカーニバル SEKAI NO OWARI
2 紅蓮華 (LiSA)
3 プラネタリウム 大塚愛
4 金魚花火   大塚愛
5 春風 rihwa  (リファ)
6 everything MISIA
7 マリーゴールド  あいみょん

 

No. 曲目     ~夜配信~ アーティスト
1 スターライトパレード SEKAI NO OWARI
2 あなた HY
3 モノクロ HY
4 てがみ HY
5 夜に駆ける (YOASOBI)
6 夢をかなえてドラえもん (Anzu Lilia)

 

エンディングトーク (9月4日

・「よく先月(コアファンが)261だったよね。やっぱ自分を超えたい、やっぱり、自分の目標が無いと頑張れない人間なので。人生もそうだけど、こうしてポコチャに出会えて、ポコチャというものを知って頑張ろうと思ったら、本当にまるっきり変われたので」

・「だから、ほんの1日でも、1枠でも、目標は持って行きたいと思う。時々それを忘れて、何に向かって頑張ってるか分かんなくなる瞬間があるけれども、でもやっぱり意味がないこと無いから、そんな自分の中での目標を、しっかり達成しながらやっていきたいと思いました。以上千石らすかるでした」

・「なんだかんだ最後まで(35分)引っ張ってしまって、すみませんでした。遅くまでみんなと楽しい時間を過ごせた。楽しかったので、私の人生で35分本当にいいものになりました」

 ・「こ〇らさん、いろいろ調べてくれて本当にありがとう。それ以外にも調べてくれた方、ありがとう」

 ・「また明日来てください 。天気が悪かったら、もしかしたら配信できるかもわからないけど。晴れてたら野球の練習させたいので。本当にいつも皆さんありがとうございます」

 ・「それでは、今日ご視聴してくれた、全ての皆様の 健康・交通安全・幸運、そしてコロナかからないことを願いまして、4K 、本日も千石GOODらすかる~。また次の配信でお会いしましょう。

・「じゃ皆さんいい土日を過ごしてください。くれぐれも人混みに気をつけてください。おやすみなさい。ありがとう」

 編集後記

・本当は、今日のブログは、「眠くなる顔」で書き始めていた。しかし、配信機材の話の方が面白いと思ったので、急遽、徹夜で差し換えた、笑。

・9/4、ミキサーの接続方法を調べる配信内容でも、ボーダーは、何んとプラ1だった。きっと、そもそも音響機器に興味が無かったリスナーさん達は、寝ぼけてギフトのボタンを押しまくったに違いない、笑。

・このように、意外な内容でも盛り上がれるのは、やはり「らすかる」マジックがある、と改めて感心するのであった、笑。

 

※注意:この記事は個人的にこのライバーさんを応援する目的で書いています。(記事・写真・プロフィール掲載は、千石らすかるさんの承諾を得ています。無断転記は禁止します。)

t.co