千石らすかる。、を勝手に応援するサイト

2020年にポコチャ・ライバー「らすかる」さんを応援する記事を入れました。もともとはアプリ解説サイトです。

【千石らすかる】配信・替え歌「紅蓮華ならぬ・ごめんね」 ~Pococha 人気のライバー~

f:id:masa19569810303:20200829104706j:plain



前書き

 ・「らすかる」の替え歌には作詞のセンスがある。そして、昨夜第三弾の「愚蓮華ならぬ・ごめんね」が発表された。現状は、1番の歌詞までであるが、速報でお伝えする、笑。

 

【千石らすかる】配信レビュー(9 月5日)

配信のオープニング

・「こんばんは 今日もよろしくお願いいたします。そして皆さん、今日のコアファン目標は、昨夜は90でしたが、だいぶいきまして現在91、今日は100人を目標に頑張ります」

・「本日も、千石らすかる。絶好調~。今日は100人目指します。1人でも多くのコアファンが増えるといいなと思います」

「らすかる」配信・分析:第3の替え歌「紅蓮華ならぬ・ごめんね」

作詞:千石らすかる

 ※下記カラオケに合わせて歌って下さい

www.youtube.com

■1番

凄く 煽る 理由を聞いた

 (掛け声:らすちゃんに~)  

     「らすを連れて 進め!」

(クズだらけ・・)と ほんまに そう思う

       こわばるリスナー 

震える手は 盗みたい ものがある

       箱だけさ

枠の空気に 息のんでもー

投げていけるのは 自分 ハートだけ

      それだけさ

 

 凄く 煽る 理由を聞いた

 (掛け声:らすちゃんに~)

     「らすを連れて 進め!」

 

「無理だって!!」出来ない馬車も 投げれない城も

誰かが 他に投げてくれるから

ありがとう 「〇〇さん」 (注:〇はトップリスナーさんの名前)

 

 盛大に 打ち上げられて 投げる気も失くした

    ごめんのハート まき散らす

収入と照らして

 

【解説】トップリスナーさんと控えているリスナーさんの心情を鋭く読んだもの。「投げていけるのは 自分 ハートだけ」はセツナイ。『ありがとう「〇〇さん」』はファミリー間の友情が表現されている。「収入と照らして」は、言っていいものか微妙だが、わらかる枠では普通の冗談だ、笑。

 

■2番 らすかるが作成中 (今後公開予定)

 

■注:この歌詞を他枠で歌う場合には、一度、らすかる枠でお声掛けをいただきたい。

 

■参考:第二の替え歌リンク(世界に一つだけの馬車)

oss.m-miura.tech

 

■参考:第一の替え歌リンク(BOXトリテンダー)

oss.m-miura.tech

 

「らすかる」昨日の配信で歌った楽曲 

No. 曲目     ~夜配信~ アーティスト
1 にじいろ (綾香)
2 RAIN SEKAI NO OWARI
3 赤い糸 コブクロ
4 ORION (中島 美嘉)
5 heavenly days (新垣 結衣)
6 笑えばいいわ(替え歌:各自探して) (ワンオクの替え歌 たすくこま)
7 紅蓮華➡ごめんね (LiSA)
8 えりあし aiko
9 Staple Stable 斎藤千和?)
10 千本桜 和楽器バンド)
11 恋愛サーキュレーション  花澤香菜千石撫子
12 帰り道 八九寺真宵(加藤英美里))
13 あの紙ヒコーキ くもり空わって (19)
14 天体観測 BUMP OF CHICKEN)
15 ダンデライオン  BUMP OF CHICKEN
16 プラネタリウム 大塚愛
17 愛燦燦(あいさんさん)  美空ひばり

エンディングトーク

・「歌います愛燦燦です。 電池もギリギリ、最後の曲を歌います。皆さん、今日も遅くまでお付き合いいただき、誠にありがとうございました。最後の曲は、美空ひばりさんの愛燦燦ですよろしくお願いします」♫『愛燦燦』

・「美空ひばりさんの愛燦燦でした。誰もが知っている名曲、ずっと歌い継がれるでしょう。他のライバーさんとは違って、私はプロじゃない、ただの趣味程度ですが、いつも歌っています」

・「コアファン、103人目ありがとう、嬉しかった。目標達成です!。ぜひ明日も明後日も配信します。明日の目標は110か115人目指して頑張りたいと思います」

・「はい、じゃあ今日は終わりにしたいと思います。3時過ぎちゃったね。みなさん、ぜひ次の配信も遊びに来てください。気軽にどうぞ 。楽しかった。本当にありがとう。お疲れ様」

・「それでは、今日ご視聴してくれた、全ての皆様の 健康・交通安全・幸運、そしてコロナかからないことを願いまして4K。本日も千石GOODらすかる~次の配信でお会いしましょう」

・「ありがとうございましたtwitterのフォローを忘れなく。また明日、 また今日ね」

 編集後記

 ・替え歌は非常に楽しい、ただ、歌詞の中の冗談のセンスを、どこまでリスナーが認識できるかが課題だ。また、替え歌を歌い過ぎると、本来の歌詞では歌えなくなり、歌枠業務に支障が出る危険性もある。ともかく、気分転換のツールとして、替え歌を選択するのが良さそうである。以上、らすかる替え歌促進係から、笑。

 

※注意:この記事は個人的にこのライバーさんを応援する目的で書いています。(記事・写真・プロフィール掲載は、千石らすかるさんの承諾を得ています。無断転記は禁止します。)

t.co